健康へのこだわりを
価値に結う

ぐーももファーミングとは?

ぐーももとは、”世界中を笑顔に”という私たちの思いが込められた言葉です。
ぐーももとデジタル技術を組み合わせて農業をより良い方向に変化させることができる技術。
それこそがぐーももファーミングです。

farming-logo-1

ブドウ減農薬栽培支援サービスのご紹介

生産者の健康を守り、
ブドウを健全に育てる。

ブドウ品質や収穫量を維持するために取り入れられてきた防除暦に
基づく農薬散布方法とは別に、生産者の健康に気を使い、健全に育
ったブドウを収穫する方法が選択肢としてあっても良いと私たちは
考えています。

消費者に喜びと
健康を提供する。

山梨県北杜市にある自社圃場(ぐーももファーム)にて、私たちは農
薬を全く使わない方法で季節の野菜を育てており、それが、健康につな
がっていることを実感しています。
バランスよく健全に育ったブドウで作られたワインが消費者にとっての
喜びと健康を提供してくれます。

圃場環境データに基づく
科学的アプローチが価値を結う。

私たちが提供するサービスは、圃場環境データに基づく科学的アプロ
ーチを採用することにより、生産者の勘と経験を補う形で必要な時に
農薬散布のタイミングをお知らせすることで、新たに得られる健康を
付加価値に変えて参ります。
私たちは、本サービスで生産者と消費者の健康を結んでまいります。

サービスを支える仕組み

詳しい情報はこちら

お寄せ頂いている期待の声

山梨大学大学院総合研究部生命環境学域 奥田徹 教授 (ワイン科学研究センター長)

温暖化の進行とともに,世界中でブドウの病害が深刻化しています。ICTを利用 して病害を効率的に防除できれば,ワイン産業だけでなく,広く農業分野で非常 に有用な技術となると,大いに期待しています。

山梨大学大学院総合研究部工学域 鈴木智博 准教授

これまでいくつか見てきた圃場データ利用例の中で、病気の発生予測は非常に明 確なデータ活用法の一つと感じている。ICTを含めたエンジニアリングがブドウ 栽培にどのように貢献できるのか注目している。

お問い合わせはこちら

私たちのストーリー

“健康へのこだわり”

ぐーももファーミングにかける私達の思いをご紹介しております。

詳しい情報はこちら

お知らせ

2020 09 01 ぐーももファーミング「ブドウ減農薬栽培支援サービス」の提供を開始します。